抑々居合とは、平安鎌倉時代の騎馬武者一騎討ちが元寇の役以後、次第に徒歩の兵達の密集突撃型の先頭様式になった。
従って突きが主であった太刀が、斬ることを主とする打刀に変遷していった。
日本刀の造りこみにも大いなる変化が生じ、武士たちは刀を腰に差すようになったのである。





鉄砲伝来までは日本刀が主武器であった。その頃の上級武士たちが、生死を賭けた修羅場に於いて、敵に勝つ為に工夫した剣の扱い法が居合なのである。

吾れ、居ながらにして敵の間合いを知り、吾が間合いを敵に悟らせず、抜きつけの一撃を以って敵に勝つ。即ち居合なり。
碁将棋の定石になぞらえる事が出来る。
居合中興の祖として、現在居合を志す者の崇敬を聚めている林崎甚助源重信公は、室町時代中期頃の武士で、山形県村上市楯岡に日本一社居合神社に鎮座されておられます。

武士として敵と相対した以上、生き残るか、死ぬるしかない。
武士の決闘には、止め(とどめ)の儀式さえあるのである。
されば剣聖と謂われた、上泉伊勢守信綱(こういずみ いせのかみ のぶつな)先生にして、かく書き残している。

武芸とは、生命賭を、悟ることあるのみ。
されば曰く、見切りの間、三尺の闇と。

熟練した剣技の上に襲い来る恐怖心に打ち克つ平常心の修練こそ必須のものであった。

剣は禅なり、と云われる所以である。

しかし現代のこの太平の世に、剣をとって立合ことなど起り得ない。
もはや修羅場など、見る事も出来ない。
それならば何是居合など修行するのかであるが、先哲が生死の間に感応体得した剣技は、計り知れない奥を持っている。

要約すれば、古今東西永劫に変わらざる大原理に合致しているからである。

この大原理を居合では「理合」と称するが、理合通りに正しく運行された剣の破砕力は、力学的にさえ証明出来るのである。

故に居合法とか刀法と称するのであるが、法は不変のものであり、現代人と雖も、法の修得は、やり甲斐のある事である。
全国に居合流派幾多あるが、連綿として伝承されている訳もここにある。

武士集団 大日本居合道連盟が存在する所以のものでもある。

我が北辰神櫻流居合兵法は、故篠田桜峰正庸先生が、幕末の剣士千葉周作先生の実戦剣法・北辰一刀流の流れを汲んで創案し、桜名館館長菅沼桜道正康に引き継がれたものである。
北辰神櫻流居合兵法は、坐居合15本、立居合11本、奥居合7本、抜刀術5本、逆風の太刀3本の他、大日本居合道連盟制定の刀法7本、計48本を以って成り、其の業1本1本が持つ深遠な理合を修得する価値のあるものと確信して稽古に励んでいる。

優雅流麗な運剣、動作、作法は当流の目指す処であり日々研鑚練磨に依ってこの流派を永く後世にまで残してゆきたい。


付則すれば、二等辺三角形の中線の理合とか、直線の理合は、自己の身体を正しく動かすことである。
頭の天辺から足指の先までを、一体として運動させることである。

今迄使うことの無かった筋肉の筋1本1本に、新しい躍動を与えることになる。
事実修練に入ってみると、体中の思いもかけぬ筋に痛い処が発生するのが、何よりの証拠である。そして直ぐ馴れて痛くなくなる。
付帯的な効果であるが、格闘技でないのでエネルギーを消耗すること無く、全身の筋肉を活動させ、精神的には集中力を養い、特に中年以降の運動としてこれ以上の物はない健康法とも言える。


最後に付け加えるならば、当流は、三種の神器にあたる霊器・日本刀を用いる事により、業の修行と共に日本人が日本人たる諸作法を体得し、現代社会に活かす事により、究極の奥義である「鞘の内(さやのうち)」を目指している。