櫻名館(※1)北神会

北辰神櫻流は、篠田櫻峰正庸先生が創始したものであり、その内容は、詩歌朗詠・剣武・居合兵法・詩舞の4部分に分類されている。
流名・雅号・名乗りの起源は次の諸点より名付けられたものである。

北辰は直系北辰一刀流の剣士・水戸の小野直右衛門先生に、剣道の手ほどきを受けた事に由来する。
神櫻流、櫻峰、正庸は、神刀流開祖・日比野雷風先生に、剣舞を習い、神刀流当時は恕風と号していたが、分派するにあたり、雷風先生より徳富蘇峰先生の「峰」をもらって頂き、「櫻峰」と号を改めた。
その時、神刀流の「神」と櫻峰の「櫻」をあわせ、「神櫻流」と称することになった。

雷風先生の名乗りは正吉で、当時神刀流の幹部はその「正」の字を頂き、名乗りとしていた。
その正名が「正庸(まさつね)」である。

指導科目については、詩歌朗詠は故・木村岳風先生との親交深く昭和20年頃よりその感化を受け、今日の神櫻流詩歌朗詠となった。

剣道、剣武は前述したように両先生に学び、棒術は東京・本田親正先生、薙刀・鎖鎌は薗部繁八、浅野両先生にご指導を受け、居合兵法は古流各派の秘を修めて体系化したものである。

詩舞は日本舞踊を先代・藤間勘左衛門師に習い、かつ仕舞の簡素を取り、剣武の気魄を加えたものである。

尚、篠田先生は詩吟道を通じて社会文化事業に功績ありとして、昭和43年11月16日宮内庁において、藍綬褒章を受賞され、昭和49年11月3日には木杯を下賜され ましたが、昭和51年5月10日88歳で逝去されました。

先代櫻名館館長・菅沼櫻道正康先生は、当流居合兵法を流祖・篠田櫻峰正庸先生より直伝され、無双直伝英信流第17代・大江正路先生、第18代穂岐山波雄先生直 伝の高弟であられた野村凱風先生(※2)に、県立福井中学校(現・藤島高等学校)時代(昭和9年)より居合刀法の薫陶を受けて、昭和37年旧全日本居合道連盟に 加盟後、現在は、大日本居合道連盟(会長:賀陽宗憲殿下(※3)、理事長:無双直伝英信流範士十段・福島阿正斎先生)に所属し、昭和62年 範士、平成14年1月十段範士の称号を会長殿下より授与された。



また、当流にあっては、昭和39年師範総伝八段、昭和48年正師範開伝の免許状を流祖から授 与され(※4)、当流居合兵法宗家としてこの道 の発展に尽くしてこられましたが平成14年2月7日逝去されました。(行年80歳)
現在は菅沼延之先生(範士八段)が道統を継承されておられますが、実業においても、現代の名工(56歳)黄綬褒章(59歳)を国家より頂いております。



補 足

※1:昭和38年2月24日、篠田先生、野村先生のご来場を得て道場開きをした時に、当流において独立した初めての会として、櫻名館の「櫻」は神櫻流の櫻、「名」は名古屋の名として篠田先生が命名して下さいました。


※2:(写真・左より2番目)明治23年加賀藩前田家直参の家柄に生まれる。本名・條吉。長じて陸軍幼年学校、陸軍士官学校を卒え、大正14年高知市立商業学校の配属将校として赴任さ れた際、土佐藩に門外不出として継承されていた無双直伝英信流居合術を英信流第17・18代両宗家に師事され、達人の域に達せられた。
また、書画・竹芸など、雅趣豊かな作品を数多く創作され、文武両道に通じられた風雅人であられましたが、昭和53年4月25日、不屈の精神力にて座したまま大往生を遂げられました。
英信流範士十段位、行年84歳。

※3:ご皇室とのつながり
母君:昭和天皇の従妹、故父君:皇太后の従兄。今上陛下とは再従兄弟になられます。

※4:篠田先生がお亡くなりになられました時点で、直接正師範開伝の免許状を認許されていた高弟は5人のみ。